トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

なまずお

Author:なまずお
富山県在住。
街道とその沿道の歴史風景が大好きで、休日には北陸各地の旧道を1日かけて20~30km前後歩いたりします。

そんな私が2010年より投資を始めました。インデックスファンドを中心に投資信託を地域・対象を分散して毎月一定額買い付ける積立投資を実践中です。大きくは儲からないかもしれないけど大きく損もしないかもしれない、そう思える方法でコツコツと続けていく長期投資のスタイルを選びました。

昔の旧街道(歴史の道)も資産形成(みらい街道)も、長く付き合い長く歩いていこうと思っています。
両方ともlongな道。ときにwrongに歩くかもしれませんがそんな姿を綴っていこうと思います。どうぞお付き合いください。
兄弟ブログ:『なまずの尾っぽ』
http://blogs.yahoo.co.jp/namazuoh

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター[2012/8/4 設置]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

2013年課題

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

さて、2013年のお金と投資について課題など述べます。
目標というよりは、昨年より考えながら引きずってきたことへの対応です。

≪貯金≫
今年は昨年以上に貯金を意識していこうと思います。
もちろん積立投資は続けますが、それは別の話で少しペースを上げていきたいです。
自分の中での目標比率はありますが、それは伏せさせていただき、
収入が少しでも増えるよう日々の仕事も頑張りたいですし、
増えるような仕事を意識したいです。

≪投資≫
■日本債券クラス
 現在このクラスでは、DLIBJ 公社債オープン(短期コース) を1本だけ積み立て続けているのですが、シャープの問題にからみ昨年は基準価額を大きく下げました。
 あまり値動きが大きくなく(=大きくは殖えないけど)安定、というのがこのクラスの特徴と思っていますが、ここまで下げてしまうとこの先は平均購入価格まで戻らないかなとも思っています。
 今年は、このクラスを国債・公共債中心のインデックスファンド(たとえば、日本債券インデックスeなど)や思い切ってMMF、あるいは個人向け国債(にスイッチすべく貯金)の積み立てに切り替えようかとも考えています。
 短期ものとはいえ事業債中心の「公社債(短期)」からより安定を、という趣旨です。
 あるいは「公社債(短期)」をぐっと減らして、他のものと並行して積み立てとか。

■日本株式クラス
 今年はこのクラスが一番面白く悩ましく思うかもしれません。
 現在はアクティブファンドのひふみプラスを積立中で、
 このクラスはいずれこのファンドを中心になるように育てていきたいと思っていますが、それでも少し考えた結果、インデックスファンドも多くなくても引き続き保有しておきたいと思うようになりました。
 このクラスのインデックスファンドは昨年まで積み立てていたものを2本も保有しています(積立休止中)。
 現在は上げ相場なのでたまたま持っていてよかったということになりますが、
 「分散投資」の趣旨からするとちょっと気をつけねばなりません。
 今年のどこか早い段階で、片方を売却(利益確定)するつもりです。
 おそらく、eMAXIS TOPIXインデックスのほうを売って、ニッセイ日経225インデックスファンドのほうを残すと思います。
 日本株のインデックス(ベンチマーク)には、225社だけを拾った日経平均よりも、東証1部企業全体を対象としたTOPIXのほうがよいと言われることがありますが、この両ファンドを比較するとコストがけっこう違います。
 ※このあたりは定期的に有益な情報を更新されているkenzさんのブログの情報を参考。
 ※「eMAXIS TOPIX」の信託報酬+“その他費用”=0.42%に対し、「ニッセイ日経225」のそれ=0.27%
  (『インデックス投資日記@川崎』より)
 ただし上記のようにインデックスファンドを整理したところで全体に占めるその比率は大きいので、当面はひふみプラスをメインに積み立てていくことになりそうです。
 考え方は、今後はひふみでいこうと思っているので。

■新興国株式クラス
 コストと言うと、このクラスについても考えています。
 ずっとeMAXIS 新興国株式インデックスを積み立ててきましたが、よりコストの安いファンドが気になるからです。
 これも前掲、Kenzさんのブログで確認できますが、現在このクラスで一番コストが低く抑えられているのは野村 インデックスF・新興国株式(Funds-i 新興国株式)ということになります。
 ※「eMAXIS 新興国」の信託報酬+“その他費用”=1%に対し、「Funds-i新興国」のそれ=0.84%
 最近に投資を始めたばかりの私にとっては分からないのですが、諸先輩から野村のことについていろいろとお聞きして不安面もあるので、ちょっと様子見ですが。



新年から長々と述べてしまいましたが、以上の3クラスについて昨年からモヤモヤしていた件を(自分の頭の中の整理を兼ねて)述べさせていただきました。
今年ちょっとアクションを起こすかもしれません。
 
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

facebookページ

検索フォーム

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。