トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

なまずお

Author:なまずお
富山県在住。
街道とその沿道の歴史風景が大好きで、休日には北陸各地の旧道を1日かけて20~30km前後歩いたりします。

そんな私が2010年より投資を始めました。インデックスファンドを中心に投資信託を地域・対象を分散して毎月一定額買い付ける積立投資を実践中です。大きくは儲からないかもしれないけど大きく損もしないかもしれない、そう思える方法でコツコツと続けていく長期投資のスタイルを選びました。

昔の旧街道(歴史の道)も資産形成(みらい街道)も、長く付き合い長く歩いていこうと思っています。
両方ともlongな道。ときにwrongに歩くかもしれませんがそんな姿を綴っていこうと思います。どうぞお付き合いください。
兄弟ブログ:『なまずの尾っぽ』
http://blogs.yahoo.co.jp/namazuoh

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター[2012/8/4 設置]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

+YOU富山 & 初開催!コツコツ富山に参加

昨日1月19日(土)に富山県民会館で開かれた『+YOUニッポン応援全国キャラバン』に参加してきました。
昨年の夏に金沢開催時にも参加してきましたが、その時と比べて雪が降る日にもかかわらず参加人数も多く、最後の質問時にも積極的に手が上がっていたのが印象的でした。

その後に同館1階コーヒーショップで、初の開催となるコツコツ富山に参加。

私は今回初めて声掛け役をさせていただきましたが、なかなか自前で人数を集めるのは難しかったです。
結局はコツコツ金沢でいつもお世話になっているメンバーにも来てもらい、また+YOUの講師だったレオスキャピタルワークスの藤野さん、セゾン投信の中野さんにもご参加いただき、それに当日にご参加していただくことになった方を含め、合計8人という初回の顔ぶれでした。

富山県の地元企業やお店、石川県との関係(石川県に出ていっている富山のお店)、北陸各県の地域性や県民性、歴史や風土などの話題から、全国に広がりを見せているコツコツの会の様子(今、何都市くらい?女子部も開かれるらしい、など)、地方の金融機関の話、などなど、コーヒー&ケーキをお供に話題は多岐にわたりました。

解散後は2次会ということで、コツコツ金沢のメンバーと3人で食事(アルコール付き)に。
こちらでは投資の具体的・専門的な話題で長時間お話をしました。

昨年末のコツコツ金沢の際に個人型確定拠出年金について教えていただいたこともあり、またタイミングよく最近出た竹川さんの本を読んでいることなどもあり、現在その制度をフル活用されている方にいろいろとお聞きしました。
金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術
(2013/01/09)
竹川 美奈子

商品詳細を見る


また、つばささんからは先日東京で開かれた「インデックス投資ナイト」の参加報告をお聞きでき、
熱い会場の様子、2次会のお話、それに私も普段から読んだりツイッターでつながっているブロガーさんたちのことなど面白い話がいろいろと聞けました。

具体的なファンド商品としては、ひふみ投信(姉妹ファンドのひふみプラスが北海道内の地場証券会社でも販売開始)や鎌倉投信(いい会社へ投資という信念)、セゾン資産形成の達人ファンド(最近の好成績、ファンドオブザイヤー2012にもランキングイン)、JFザジャパン(好成績で私が気になっている)、巨艦某直販ファンドの現状や問題、などが話題に上りました。

こちらの会はこちらの会で、やはり内容が多岐に渡りとても有意義だったのですが、多岐すぎて今から思い返すとちょっと細部内容を忘れてしまったこともあり勿体ない!(アルコールが入っていたこともあり)


私個人としては、自前のポートフォリオにおける日本株の位置づけ・考え方についての話題が、けっこう目からウロコでした。
自分の資産配分は3カ月に一度現状チェックとの比較でこのブログにも取り上げていますが(最新のエントリは、こちら)、リスク資産(株式部分)における日本株の比率は50%になります。
現在は、ひふみプラスというアクティブファンドがメインになるよう積立していますが、正直インデックスファンドで積み立てるならこんな比率にしないと思っています。とても覚えやすい比率なので自分的には満足しているのですが、ただ他のブロガーさんが公開されている配分などと見比べてずいぶん違うし、有名ブロガーさん同士でもかなり違ったりしています。この点が気になっていました。

つばささんからは、次のような内容のコメントを頂きました。

この比率はこの比率でよいと思うけれど、日本株に対する思いと対処法は人それぞれ。
インデックスに投資するということは、大きな銘柄、あるいはダメな会社にも投資することになる、
それでもいいからインデックスということで、その代わりに日本株の比率を下げるというのも方法の一つ。
あるいはそのような会社を避けたい、投資対象を選別したいということからアクティブファンド(あるいは個別株)にして比率はそのままというのも方法の一つ。
おそらく日本株に対する思い・考え方のようなものはみんな底通しているけれど、それに対する出口・対処方法が人それぞれで違うのであってそれはそれでよいことだと思う。

(というように理解しましたが、間違ってたらご指摘ください、つばささん)

今回も書ききれないほど話をしました。初心者の私にはまだまだ勉強になることがいっぱいです。

今後のコツコツ富山のことも含め、いろいろと考えていこうと思っています。








関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

facebookページ

検索フォーム

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。