トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

なまずお

Author:なまずお
富山県在住。
街道とその沿道の歴史風景が大好きで、休日には北陸各地の旧道を1日かけて20~30km前後歩いたりします。

そんな私が2010年より投資を始めました。インデックスファンドを中心に投資信託を地域・対象を分散して毎月一定額買い付ける積立投資を実践中です。大きくは儲からないかもしれないけど大きく損もしないかもしれない、そう思える方法でコツコツと続けていく長期投資のスタイルを選びました。

昔の旧街道(歴史の道)も資産形成(みらい街道)も、長く付き合い長く歩いていこうと思っています。
両方ともlongな道。ときにwrongに歩くかもしれませんがそんな姿を綴っていこうと思います。どうぞお付き合いください。
兄弟ブログ:『なまずの尾っぽ』
http://blogs.yahoo.co.jp/namazuoh

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター[2012/8/4 設置]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

初めて投信を売却(毎月分配型商品)

先日、初めて投資信託の売却発注を行い、約定金額が決まったと証券会社より報告が来ていました。

今回売却した投資信託は以下のとおり。

世界銀行債券ファンド(毎月分配型)/愛称:ワールドサポーター

はい、毎月分配型商品です。
2010年に投資を始めて間もない頃に一括購入したものです。

購入当初から基準価額は下がり続け、ずっと含み損を抱えたままでした。
幸い、「分配金再投資」を選んでいたので多少の積み立て効果もあり最近の円安進行によりようやくプラス転換、そのままプラス圏で留まってくれるようになったので今回売却することにしました。

いつかはプラスになるとは思っていましたが(思いたかった)、
正直、保有中何度も諦めて損切しようかなと思いました。
だって自分には限りあるお金、もっと効率よく運用したかったですもん。


改めて課題を整理します。

・毎月分配型商品であった。
  運用してほしいと預けたお金。それが頼みもしないのにその一部が毎月戻ってくる仕組み。
  その時点で利益が出ていれば税金も引かれてしまいます。
  私が欲しいのは今のお金ではなく、未来のお金だったはず。
  
・一括購入であった。
  一括投資は積立と違い、一度下げると購入した金額に戻らなければマイナスです。
  分配金再投資にしていたことで少しづつ平均購入価格が低くなっていたのがせめてもの幸いでした。
  ただ基本的な考え方として、分配金を再投資するなら分配金を出さない商品のほうがいいということになります。
 
・高コスト商品であった。
  購入時手数料2.1%(SBI証券)、信託報酬1.268%
  毎日の基準価額は1日当たりの信託報酬を差し引いて発表されますが、コストですから低いにこしたことはないです。
  また購入時手数料も当然コストです。この分もちゃんと運用益で取り返せたのか考える必要があります。

・新興国債券商品であった。
  為替リスク、信用リスク(デフォルト=債務不履行)その他がつきまといます。


(追記)2013/1/26
昨日の投稿後、線引き箇所が誤りだということを複数の方からご指摘いただきました。
分配金再投資は同じ袋の中でお金を引き出してまた戻すことと同じで、
袋の外から新たなお金を入れない限り「平均購入価格」引き下げる」ことにはならないです。
この点、まったくの私の理解不足でした。
また毎月分配型投信で最も多い誤解の一つだとも教えていただきました。



プラスになったとはいえ、売却が先週の一時期為替が再び円高になった時期だったためか、
基準価額が2日続落中の約定となってしまい、正直あまり売却益を得ることはできませんでした。
今は再び円安になっていますし、実際先週金曜日の基準価額はかなり上げていたようですのでもう少し待ってから売却してもよかったし、売却時期を分けるのも手だったかとも思っていますがこの際は気にしません。

売却で戻ってくるお金は、さっそく毎月積み立てしているポートフォリオ(じぶんはいぶん2)に組み入れる予定です。
(入金は水曜日になるらしい。売却発注から現金化まで1週間ほどかかる計算。外国投資の商品ってけっこう時間かかるのも今回勉強になりました。)

3年近く(のほとんどの期間)動かせなかった(休ませておいた)お金が、
より効率のよい「職場」で、効率のよい「働き」に出ていってもらえる感覚で少しワクワクしています。


ちなみに今回の売却により、積立中の商品(あるいは停止しそのまま保有中の商品も含めて)で構成される自分のメインのポートフォリオだけ残ったわけですが、金曜日(1/25)時点でのリターンは+18.9%にまで伸びる結果になりました。保有資産の中でこの商品のリターンがけっこう足を引っ張っていたことになりますね。
※厳密にはもう1本毎月分配型商品を持っていますが、お試し程度に買った本当に微額なので影響はほとんどない。


おそらく今後はこのような毎月分配型商品は二度と購入することはないと思います。
もちろん人により好みはあるのでしょうが、少なくと今の私は「資産形成中」の人間にとっては無用な商品だと思っています。


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

facebookページ

検索フォーム

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。