トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

なまずお

Author:なまずお
富山県在住。
街道とその沿道の歴史風景が大好きで、休日には北陸各地の旧道を1日かけて20~30km前後歩いたりします。

そんな私が2010年より投資を始めました。インデックスファンドを中心に投資信託を地域・対象を分散して毎月一定額買い付ける積立投資を実践中です。大きくは儲からないかもしれないけど大きく損もしないかもしれない、そう思える方法でコツコツと続けていく長期投資のスタイルを選びました。

昔の旧街道(歴史の道)も資産形成(みらい街道)も、長く付き合い長く歩いていこうと思っています。
両方ともlongな道。ときにwrongに歩くかもしれませんがそんな姿を綴っていこうと思います。どうぞお付き合いください。
兄弟ブログ:『なまずの尾っぽ』
http://blogs.yahoo.co.jp/namazuoh

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター[2012/8/4 設置]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

確定拠出年金掛金の所得控除証明が届いた

昨日帰宅すると、確定拠出年金掛金の所得控除の証明のハガキが届いていました。

DC1.jpg


今年から始めた個人型確定拠出年金ですが、今回の年末調整の際に初めて添付することになります。

この書面にも書いてありますが、1年間で支払った確定拠出年金の掛金は「全額」が所得控除の対象となり(=翌年の税金に反映)、またその一部は年末調整で還付されます。

DC2.jpg

生命保険料控除などには上限があるのに比べると、「掛金の全額」が対象というのはありがたい。

確定拠出年金は、自分の老後資金(=原則60歳まで引き出せない)を積み立てているのに、税金が軽減されるおいしい制度です。
運用益が非課税であり、老後に受け取る際にも税制優遇があるなど、他にも手厚いメリットがあります。


最近はNISA(少額投資非課税制度)が話題にのぼることが多いですが、「老後資金を貯める」という点ではこちらの制度が本命かと思います。

先日の日経新聞で、確定拠出年金の掛け金上限が来年秋にも引き上げされるかもという嬉しい速報がありましたが、さらに制度が充実してくれることを望みます。
また運用は拠出者の責任において行いますから、この制度の利用が今以上に広まることで国民一人一人が投資商品について考えるようになればとも思います。

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

facebookページ

検索フォーム

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。