トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

なまずお

Author:なまずお
富山県在住。
街道とその沿道の歴史風景が大好きで、休日には北陸各地の旧道を1日かけて20~30km前後歩いたりします。

そんな私が2010年より投資を始めました。インデックスファンドを中心に投資信託を地域・対象を分散して毎月一定額買い付ける積立投資を実践中です。大きくは儲からないかもしれないけど大きく損もしないかもしれない、そう思える方法でコツコツと続けていく長期投資のスタイルを選びました。

昔の旧街道(歴史の道)も資産形成(みらい街道)も、長く付き合い長く歩いていこうと思っています。
両方ともlongな道。ときにwrongに歩くかもしれませんがそんな姿を綴っていこうと思います。どうぞお付き合いください。
兄弟ブログ:『なまずの尾っぽ』
http://blogs.yahoo.co.jp/namazuoh

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター[2012/8/4 設置]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「ニッセイ外国株式インデックスF」への投資を開始

今さらになりますが、このたび先進国株式クラスへの新規の投資対象を、
昨年12月10日に設定された<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドに切り替えました。

先日スポットで購入を行ったのと、今後の毎月積立設定を同ファンドに切り替えました。


<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドは、信託報酬が年0.39%税別(5%税込で0.4095%)と、先進国株式クラスに投資する純粋なインデックスファンドとしては圧倒的な低コストです。
※複数のETFを組み合わせて造成されるファンドとして、EXE-i先進国株式ファンドがより低い信託報酬ではありますが。

先進国株式クラスについては、私は今まで外国株式インデックスe(信託報酬:年0.5%税抜/0.525%税込)を新規の投資対象としてきましたが、より低コスト商品への切り替えを行ったわけです。


いつも参考にしているkenzさんのまとめ記事シリーズ最新版でもニッセイ外国株式インデックスファンドの群を抜く低コストっぷりが光っているのが分ります。

(参考記事)
 ・「低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2014年1月)
  ― kenzさん『インデックス投資日記@川崎』(2014/1/19)

私は、「ありがとう、ケン。」(AYBさん言)のような気の利いた決め台詞は言えませんが、それでもkenzさんの記事にいつも多いに感謝しています。

(関連記事)
 ・「SBI証券が「ニッセイ外国株式インデックスファンド」の取扱を開始したので 」(2013/12/27)
 ・「この冬、世界44ヵ国の不動産(REIT)にまとめて投資できる「ニッセイグローバルリートインデックスファンド」がアツい! 」(2014/2/11)
 - AYBさん『All Your Baseの日記』 



私が利用しているSBI証券で取扱が始まったのが昨年末。
すぐに切り替えを行わなかったのには特に理由はありません。
しいて言えば最近 外国株式インデックスeが分配金を出したこともきっかけで、再びファンド切り替えの意識が立ったのかもしれません。

(参考記事)
 ・「外国株式インデックスeと外国債券インデックスeが分配金を出す
 - kenzさん『インデックス投資日記@川崎』(2014/2/7)


というわけで、今後はニッセイAMさんにお世話になります。



■■ ご案内 ■■
2つのブログ共同で、facebookページを立ち上げました。
よければ、いいね!してみてくださいね。

・「なまずの尾っぽ、みらい街道も歩く。:なまずおfacebookページ
   http://www.facebook.com/namazuo

関連記事:「フェイスブックページを作ってみました。」

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

facebookページ

検索フォーム

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。